loading ...

2012年7月

2012. 07. 30

ホテル備え付けのソープが使えない

5月の旅行以来、温泉旅館やホテルに備え付けのソープやシャンプー類を使うと、
その直後からカユミが激しいのでるのでいまも敬遠しています。
出張や旅行に出かける時は家で使っている石鹸(カリ石鹸素地を使った普通のもの)と
自社製のシャンプー(これもカリ石鹸素地をつかったもの)とアピナスのクリアミルクを
セットで持ち歩いています。

持ち物が増えたが、刺激を避けるためには仕方がないことと割り切った。
120706-soap-s.jpg


  投稿者 : cotec-inc

2012. 07. 20

ここまで治りました。

本当に症状の変化は激しい。
ポツッと赤い点状の発疹ができたかとおもうとその周辺ばかりか他の部位にも
あっという間に広がり、しかも収まるのには2週間はかかる。それが繰り返し続
くから、身体を見るたびにどうなることかと不安になる。

写真は手の甲にも広がった時の様子です。

6月の中頃、手がむず痒くなったとおもったらボコボコと腫れだした。
医師は検査数値を見ながら内服薬かUV照射治療をすすめた。
あれこれ相談のすえ、服用を限定しながらプレゾニゾロン錠をもちいることにした。
1/2デル・ヒルソフト軟膏を併用しながら一週間毎に経過観察をし、内服薬の量を
調整した。

患部のカサツキは激しいが軟膏をそうそう頻繁に塗り続けるわけにも行かないの
で、かさつくとアピナスのクリームを塗って保湿をしていた。

経過は良好で7月上旬には薬は極小量になり手の甲は治り、他の部分も大幅に
改善しました。
写真の上は6月22日と、下は7月16日に記録したものです。
120622-kou-s.jpg
























120716-kou-s.jpg


  投稿者 : cotec-inc

2012. 07. 11

湿疹の症状の変化は激しい

湿疹の症状は変化が激しい。

自分の経験だから全てにあてはまるわけでは無いと思うが、

悪化のスピードが早い。

ポッと出た1mm程度の小さな湿疹が、翌日には大きくなり、

その周辺にいくつもあらわれる。悪化するスピードの比べて

治るのは遅く、2週間くらいかかるから結果的には広がって

いることになる。治療はステロイド剤の1/2デル・ヒルソフト

軟膏を塗り、内服薬を飲んでいる。

パリパリとしてカユクなると、手元においてあるクリアミルクを

塗ってカユミを抑えている。乾燥気味のカユミにはよく効き、

掻くのを抑えている。写真は赤い湿疹が治まり、茶色に

なった治りかけ。(気味を帯びているのは光の加減です)

120621-ude-s.jpg

  投稿者 : cotec-inc