loading ...

2007年5月

2007. 05. 30

6月のアピナス

 梅雨の6月は水無月。
水が無い月とも、「無(な)」は助詞の「の」にあたるから、
水の月だという二通りの説があるそうだ。
ところが温暖化がすすむと「日照りと大雨」「高温と寒冷」
が同時に起こるともいわれている。

そのせいかどうか先週は大雨の日があり、雨が上がった週
末は真夏の気温で空気は乾燥した。明けて今週は肌寒さを
感じる日もある始末。

 汗をかいたり冷えたりは、デリケートな肌にはこたえます。
アピナスのお客様の話を聞いていると、今年は冬からの乾燥
肌がまだ治まらず気が許せないという方が、地域を問わず結
構いらっしゃいます。

 そこでこれから、夏に向かってのアピナスです。
汗や汚れを落とし、清潔にしておくことはまず基本ですが、
その後のケアです。
Milksiyoum_2

◆ 乾燥からくるカサツキがある場合。
ロ-ションとクリ-ムソフトの組み合わ
せがお奨め。

肌を清潔にした後、アピナス スキンケアローションを手足
だったら直接、お顔だったら手のひらに1~2プッシュし、
ゴシゴシこすらないようにしてなじませ、お肌に水分をあた
えます。その後アピナス クリームソフトを1プッシュ分を
手にとり、やさしく伸ばすようにして肌に油分をおぎないます。

◆ 乾燥からくるカユミがある場合。
ロ-ションとクリアミルクの組み合わせがお奨め。

ロ-ションで水分をあたえるところは上と同じです。
その後、アピナス クリームソフトを一滴手のひらにとり、
やさしく伸ばすようにして塗り、肌の表面に保湿層をつく
ります。クリアミルクはよく伸びて、吸収するとサラッと
します。乾燥して、カユミを感じたら適宜お使い下さい。

清潔と保湿で、これからの季節を快適におすごし下さい
アピナスのことはこちらに出ています。

  投稿者 : cotec-inc

2007. 05. 04

老人ホ-ムのギャラリ-とコミスジ

 2
草花や虫の名を知るとなんだか楽しくなる。
いままでよその世界にあったものが、名前を知ることで
急に身近に感じるようになる。
コミスジがそのひとつだ。

 S養護老人ホームにはギャラリーがあり、絵画とか書、
写真など、いろんなジャンルの作家がボランテアで出品
している。住んでいるお年寄りに見てもらうのが目的だ
が、作品を発表する場を提供することも目的に入っている。

 コミスジを知ったのはそこでだった。
もっぱら近くの山で自然環境や草花、虫たちを撮ってい
る人がいて、なかの一枚に目がとまった。

なんとなく見覚えがあるチョウが手にチョウが止まって
いる。「エッ!チョウが手に止まるの・・」帽子や肩にき
てとまることがあっても、手にとまったことはない。

調べてみると「小三筋」とも書く。
なっとくした。小型のチョウで、ハネに三本の筋だから
コミスジ。

虫たちや草花の写真が30点。お年寄り達もついこの間
まで身近にいた草花や虫たちに、再びで出会えたことを
きっと喜んでもらえると思う。

  投稿者 : cotec-inc