loading ...

2006年4月

2006. 04. 29

老人と桜

Hanamia
そんなことを考えもしなかった。
「来年もまた桜が見られるやろか・・・」
桜並木を通っているとき、車イスのお年寄りがぽつりと言った。

春のなると桜は当然のように毎年咲き、それを眺めてきれいだと思いこそすれ、特別な思い入れはなかった。
ましてや「また来年も見られるだろうか」とは考えもしなかった。

 そういえば亡くなった祖父は、秋から冬への季節の変わり目、時雨の頃が嫌いだった。
これから訪れる暗くて寒い冬のなかで、春まで無事に過ごせるだろうかという不安があったのだろう。
おもえば祖父の胸の内では、厳しい冬を越えて、サクラの季節を迎えることを待ち望んでいたのではなかろうか。

若い者には何でもないことが、老人にはとてつもなく難しいことになる。それを一つ一つ
積み重ねながら老いは進行していく。
今年の花は見ることができた。
これから夏が来て、秋が来て、また冬が来て、いろいろなことがあって、それでも無事に過ごして、また来年も桜が見られるやろか。

車イスの老人から、歳をとるということはそういうことかと気づかされた。

  投稿者 : cotec-inc

2006. 04. 26

黄砂とアトピ-

「黄砂が降ると肌の調子が悪くなる」
そんなメ-ルとか、電話がここのところ増えています

 黄砂の飛散が年々増えているような気がします。
以前なら、少しモヤッとした黄砂はたなびく霞とともに春の風物詩のようなものだったが、いまではすっかり悪者扱いになっています。

 黄砂とアトピ-性皮膚炎の関係については、まだあまりよく解明されていないようですが、ハウスダストとかホコリや花粉が悪化の原因物質になっているのはハッキリしているところから、アルカリ性の微細な砂塵である黄砂も皮膚への刺激物質になるものとみられます。

アピナスへのメ-ルとか電話では、「黄砂が降ると乾燥がすすみ、肌が荒れる」とおっしゃっています。黄砂が肌につくことで刺激を受け、アトピ-が悪化しているようです。

では黄砂を避ける方法はというと、西風と共に広範囲に飛んでくるものだけに難しいです。
それでも防衛する方法はスギ花粉対策が参考になるでしょう。
■ できたら外出を避ける。
■ 肌につかないように長袖や帽子で防ぐ。またはマスクや眼鏡の併用も。
■ 洗濯物を干す場所も注意しましょう。
■ 帰ったらシャワ-などで洗い落とす。
ソ-プには低刺激性で保湿性を持たせた、アピナスのスキンケアソ-プがおすすめです。

なお、気象庁のホ-ムペ-ジには「黄砂予報」とか「黄砂に関する基礎知識」が出ています。

  投稿者 : cotec-inc

2006. 04. 23

サクラと敏感肌の話

Sakuraa
 桜餅には4月の香りがします。
ほんのりとかおる桜葉に包まれた餅は、爛漫とした春だからこその繊細さでしょう。

 桜湯もまた祝い席には欠かせません。
白湯の中で桜のツボミは少しずつ開き、淡い香りと薄い塩味を帯びた一服はやはり特別な日の飲み物です。
日本人の生活の中に、サクラほどとけ込んでいる花は他にはないでしょう。

 そのサクラから、新たに敏感肌用化粧品材料としての機能が見つかりました。
有効成分が含まれるのはサクラの葉で、これから抽出されたサクラ葉エキスには、肌荒れの改善とか、抗炎症作用、美白作用などで、基礎化粧品にはかかせない作用があることがわかってきました。

 たとえば美白作用の度合いを計るとき、メラノ-マ細胞を使ってシミやクスミの原因を作るメラニン抑制作用を測定する方法があります。
この結果サクラ葉エキスは、美白化粧品に良く使われているアルブチンよりもメラニン抑制効果が優れています。

 まもなく発売するアピナスの敏感肌用基礎化粧品「アミュレ-ヌ」には、このサクラ葉エキスも取り入れています。肌の敏感な方にも、安心してお手入れできる美白をおとどけします。

 桜前線はいま東北地方へと北上中ですが、日本人にもっとも好まれ、心に安らぎを与えてくれるサクラが、身体にも安らぎをもたらしてくれるようになりました。

  投稿者 : cotec-inc

2006. 04. 06

アンチエ-ジングとコラ-ゲンネットワ-ク

「美しく歳をかさねる」
これはとても大切なことですが、とても難しいことです。
そして「いつまでも若々しく、それはからだも心も」と願うのも自然なことでしょう。

いま基礎化粧品では世代を超えてアンチエ-ジングが、重要なテ-マになってきています。
とくに加齢やさまざまなストレスよってすすむ、小じわや肌のハリ、くすみ、シミやソバカスなどをどうケアしていくかは大問題です。

くすみやシミ、ソバカスのことは次回の話しとして、今回は小じわや肌のハリの話しです。

コラ-ゲンネットワ-クが肌にハリを持たせているといわれています。
模型的に言うと、コラ-ゲンは皮膚の真皮層の中でからみ合ったネットをつくり、内側からネットで表皮を支えて肌にハリを持たせています。
このネットが加齢や紫外線などで、痛んだり弱ってくると、肌はハリを失い小じわができるわけです。

コラ-ゲンネットワ-クを活性化して、肌にハリをもたらし小じわを防ぐ。
新しいアンチエ-ジングの一つの方向を示しています。

アンチエ-ジング処方の化粧品は、このコラ-ゲンネットワ-クを活性化させる配合をとっています。まもなく発売するアピナスの敏感肌用アンチエ-ジング化粧品「アミュレ-ヌ」は、コラ-ゲン線維やエラスチン繊維を活性化させるSPILIFTを採用しています。
くわしくはまたこの次に。  ──つづく──

  投稿者 : cotec-inc

2006. 04. 04

敏感肌専用のスキンケア

 洗顔がこわい!
ピリピリしみるので、ザブッと思いっきり顔が洗えない。

いつも肌の状態を気にしているので、なんとなく知らない人の前にはあまり出たくない。

メ-クがもたない、普通の人のようにお化粧がしたい。

これらはモニタ-になっていただいた、敏感肌の方々のストレ-トな声です。

アピナスではアトピ-肌とか乾燥肌のスキンケアを手がけて10年になりますから、敏感肌の方々のことはあるていど予想をしていました。

敏感肌専用のスキンケア「アミュレ-ヌ」の発売にあたり、モニタ-をお願いしたのですが、アピナスではアトピ-肌とか乾燥肌のスキンケアを手がけて10年になりますから、敏感肌の方々のことはあるていど予想をしていました。

あらためてお話を伺っていると、皆さん人知れず悩みをかかえていることがよく判ります。

アミュレ-ヌのモニタ-の結果はまた日を改めてお知らせしますが、たとえばクリ-ムはシミないから安心して使えたとか、よくのびて吸収するとサラッとして負担にならないとかいった評価をうかがっています。

そんなご意見をいただきながらアミュレ-ヌは5月発売で準備を進めています。

  投稿者 : cotec-inc