loading ...

2006年1月

2006. 01. 31

逆向きのドアスコ-プ2

 一年ほど前、アピナスのブログに、ドアスコ-プを反対向きに付けた老人ホ-ムがあることを紹介しました。
それが最近「どういう事なの?」という問い合わせが何件がきました。

ドアスコ-プはドア内側から、ドアを開けずに外の来訪者を見るためのもです。
そのホ-ムではそれを反対向き、つまり外からドアを開けずに部屋の中を見るためにつけました。

 老人ホ-ムも最近は個室化が進んでいて、そこは職員が常駐するキッチン付きのホ-ルを囲んで、まるで井戸を囲む長屋のように個室が取りまいている造りになっている。

かっての日常生活感の継続と、プライバシ-と安全の確保を追求した結果の姿である。

 夜間などお年寄りが部屋で休んでいるとき、巡回の職員がドアを開け閉てして眠りを妨げるより、寝姿を確認するだけならスコ-プから見るだけでわかる。
おかしかったらもちろん中へ入って見るのだから。

そのホ-ムは、職員さんからの提案でこの方式を採用したというわけ。

  投稿者 : cotec-inc

2006. 01. 29

博士が愛した数式

 「博士の愛した数式」を観てきた。
頭の中に80分録画のテ-プが一本しか、なく、新しい出来事は次々と上書きされるからそれ以前の記憶は残っていない。

もし自分がとか、もし自分の身近の者がとか考えると、とても答えの出しようがない重いテ-マです。

 小川洋子さんの原作もそうですが、映画からもにじみ出てくるような潤いがありました。大声で叫ぶ出もなく、大仰な演技があるわけでもないのに、日常のそこにある人としての優しさが心地よく伝わってきます。

映画館を出るとき、これからはなんだか気持ちが優しくなれそうです。

  投稿者 : cotec-inc

2006. 01. 27

敏感肌用化粧品は

 敏感肌用の化粧品は、刺激をのぞいて安全につくろうと思えば思うほど色々な制約が出てきます。

この月初め、長野でロ-ションが凍結しボトルが破損しました。身体や衣服などに被害はなかったのはさいわいでした。

 直接の原因は強烈な寒波とロ-ションが置かれていた場所の組み合わせですが、お客様から見れば他社のロ-ションがなんともないので説明に困りました。

成分的にはアルコ-ルが原因です。
他社のロ-ションは、使用感を出すためにアルコ-ルを配合しています。
それが結果的には凍結防止の役目もはたしていました。

でも敏感肌用にアルコ-ルは使えません。
アルコ-ル感作に敏感な方がいて、刺激をうけて肌に赤い発疹がでます。

敏感肌用は微妙なバランスのなかでつくられていますから、取り扱いにも微妙な気配りがいります。

  投稿者 : cotec-inc

2006. 01. 24

乾燥した関東へ、クリ-ムがよく出ています

 日本海側のこちらでは、電器店へ行っても加湿器は売っていない。
なにもしなくても湿度は60%以上あり、結露を防ぐためには除湿器が欠かせません。
中央山脈をはさんで西と東、ずいぶん様子は違います。

 先日も東京郊外・多摩地区のお客様は、こちらは乾燥しきって湿度20%になり、いくら寒くても霜柱すらできないくらいだと伝えてきています。

 そんな関東へ、アピナスのスキンケアクリ-ムがよくでています。
ご注文の内容はロ-ションとクリ-ムの組み合わせとか、クリアミルクとクリ-ムの組み合わせが多いですね。
やはり乾ききった肌には、クリ-ムを中心にしたたっぷり保湿系のケアがピッタリです。
乾燥肌はシッカリ保湿をして、ガッチリガ-ドというわけです。

寒に入って本格的に寒くなるこれからは、こまめに保湿をし、きびしい冬をのりきってください。

  投稿者 : cotec-inc

2006. 01. 22

雪の晴れ間

 センタ-試験の今日、関東地方は雪で交通機関は混乱したようだ。さぞ受験生はやきもきしたことだろう。

対して日本海側はここ10日ばかり穏やかな天気で、雪のかさがだいぶ減った。
道幅も、見通しも良くなり交通事情は目下のところ平常の状態になった。

 雪の解け具合を見ていて不思議なのは立木の幹の周りが丸く窪み、他よりもずっと早くとけていく。
根から伝わる地熱か、それとも太陽から受けて熱が幹を伝って地面に降りていくのか、とにかく立木の周りの雪が早く溶けだす。

 さらに自然の仕組みって良くできていて、窪んで浅くなった幹の周りと伝いながらエサを探す動物の足跡が続いている。

北陸の晴れ間は今日までで、明日からまた雪の予報。

  投稿者 : cotec-inc

2006. 01. 21

敏感肌アミュレ-ヌのモニタ-

 準備を進めている敏感肌専用の基礎化粧品、アミュレ-ヌのモニタ-の結果がとどき始めています。

乾燥がすごいこの時期だけあって、やはり使用量が多いロ-ションの結果が先行しています。

アミュレ-ヌのロ-ションは荒れて乾燥し、敏感な肌でも刺激がなく、シットリと保湿をして肌をととのえてくれるというご評価がとどいています。

乾燥に悩まされ、どんな化粧品を試しても肌に合わず、ピリピリしていたのがようやく肌になじむのもが見つかりそうだとメ-ルもいただきました。

さらにモニタ-を進め、3月頃に発売できたらと準備を進めています。

  投稿者 : cotec-inc

2006. 01. 20

寒波の影響

 いまから一週間ほど前、長野からロ-ションが氷りボトルが破損したという知らせが入った。
氷ったのはアピナスのロ-ションではないが、敏感肌のお手入れ用です。

これまでに各地へ数多く出荷しているが、いまだかってロ-ションが氷ったことは経験していません。

返送してもらったボトルは無惨に壊れていました。

調べてみると当時の気温は-10度以下。
実験室で再現試験をしてみると、-15度でヒビが入りました。

実験の結果を伝えながらお客様に話を聞いてみると、届いたロ-ションを乗用車に入れたまま一夜屋外に停めていたそうだった。夜間の気温は-15度近くまで下がったのが原因。

作る側としても、夜間-15度近くまで下がるところに放置しておくことは想定していなかった。

これも寒波の影響でした。

  投稿者 : cotec-inc

2006. 01. 17

霜柱も立たない超乾燥

 乾燥しきっていて、いくら寒くても霜柱も立たない。もう肌なんかピリピリ。

電話の向こうでそう言っていたのは関東、多摩にお住まいのお客様です。
先々週は、神奈川のお客様が似たことを言っていました。
今年の乾燥は普通じゃないですね。つられて肌の水分も取られているわけだから、これはもうピンチです。

家にいるときは加湿器や、蒸気をたてて湿度を上げる。外出時にはショ-ルやマフラ-で覆い、なるべく肌を外気にさらさない。

保湿はロ-ションからクリアミルクにレベルアップして水分の保持をはかりましょう。クリアミルクにはヒアルロン酸ナトリウムを配合していますから、肌表面で水分保持し乾燥から守ります。

  投稿者 : cotec-inc

2006. 01. 15

小正月、女性をねぎらう日

 今日は小正月。
成人の日が第二月曜日に変わってから、それまで正月15日に行われていた民間行事が気が抜けてしまった。
変わったものの一つに左義長(地方によりどんど焼き)がある。それまでは左義長は小正月行事だった。
満月から満月をひと区切りをする暦では、小正月の今日が年の初めになる。

左義長は年の初めに、古いお札や注連縄、書き初めを焼いて再生や幸福を願う行事と聞いているが、祭日の移動と共に祈る気持ちもどこかえ行ってしまった。

先週の日曜日を利用した左義長は、単なる焼却日化し、お札に混じってゴミまで入っていたと宮係が嘆いていた。

小正月のもう一つの意味は、お正月であれこれ忙しかった女性をねぎらう日。
世の男性たち!今日は心して女性をねぎらわなくてはいけませんよ。

  投稿者 : cotec-inc

2006. 01. 12

冬のソ-プ選び

 乾燥が激しい季節がら、アピナスのご注文はロ-ションとクリ-ム系が多いですね。
きびしい乾燥から、しっかりガ-ドしていることだと思います。

それはそれで結構なんですが、忘れてはならないのは敏感肌やアトピ-肌の方は洗い過ぎです。
「日本人は潔癖だから・・・」とかよく言われますが、ほんとうにゴシゴシ洗い落とさないと気が済まない、などとよく
聞きます。

清潔感を求めるあまり、洗浄力が強いソ-プや香りが強いもの使うのは肌には負担になります。

寒いときだからこそ、皮脂を落としすぎないマイルドなソ-プでソッと洗ってください。
アピナスのソ-プは低刺激とマイルド、浴後の保湿を考えてつくっています。

  投稿者 : cotec-inc

2006. 01. 09

大雪でイノシシ出没

 ここ二三日、町はずれの公園にイノシシが出没するようになった。
山は雪でエサがなくなり、公園の水芭蕉畑をねらって降りてくる。

 この辺りは福井平野の南限でそんなに山深いところでは無いが、背後の尾根からこちらは禁漁区になっているので、猟師に追われたイノシシが逃げ込んでくるたまり場になっている。

 永年育ててきた樹木や水芭蕉をイノシシから守るために、辺り一帯を電気柵で取り囲んでいるが、この雪で電気柵は一夜で埋もれ、イノシシはやすやすと侵入してくる。
朝になると見回りのボランテアが電気柵を掘り出し、イノシシに備えるいたちごっこの日が続いている。

  投稿者 : cotec-inc

2006. 01. 06

関東地方は肌乾燥注意

 昨日から仕事を再開したが、乾燥を伝えるメ-ルがいくつも届いていました。
地域的にはやはり関東が多く、なかでも埼玉とか神奈川の方からが多いですね。

 広い関東圏のなかで、なぜ東京をはさんで埼玉と神奈川に肌乾燥をうったえる人が多いのかはわかりませんが、日本海側から山越えした冷たい乾燥した風が通り抜けるのでしょうか。

アトピ-性皮膚炎や敏感肌の方は、冬の乾燥シ-ズンはきめ細かな保湿ケアが欠かせません。
外出前には保湿をし、できたらバッグにアピナスの携帯スプレ-を入れて、こまめにケアをしてください。

  投稿者 : cotec-inc